ALBA MY LOVEいつまでもお前が一番やで

アクセスカウンタ

zoom RSS お散歩日誌 2009.10.01 いつか必ず訪れる日/10月20日記録

<<   作成日時 : 2009/10/20 15:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一昨日(29日)ルパン、お友達わんこへの供血に行ってきました。
とにかく急な事で友達わんこのママさんもまだ心の準備も出来てないとおっしゃってましたが検査にもリスクが伴う為に検査中に緊急な輸血が必要になるかもしれないという事でルパンは11時過ぎから検査が終了した夕方5時前まで処置室横の面談室で点滴用の針をずっと刺したまま待機していました。
最初の初期検査で血液の適合に問題がなかったので種々の検査が始まり、無事終了するまでに50ccを5回、計250t提供したのですが点滴などこれまでに初めての事で最初は怖がって強張っていた身体も回を重ねるごとに落ち着いてきて横になって待っていたそのままの姿勢で大人しく採血して貰うまでになっていました。
暑がりのルパンに気を遣って貰って面談室のエアコンの温度設定を低くして貰ったり、採血の度に優しい言葉を掛けて貰ったりと随分と気を遣って頂きました。
こちらは血を提供するだけの事でしたがお友達わんこのママさんの心情を思うと何時うちの子達もと我が身に振り返って考えが及び他人事とはとても思えなくて胸が詰まってきました。
ガラス張りの病室で嬉しそうに寄ってくるお友達わんこ君を見ても命に関わるような病気とはどうしても思えないのですが、病気では?と感じて直ぐに病院へ連れて行ったのは日頃とは何となく違う、ちょっといつもと違うと言う直感だったそうです。
病気の些細な兆候に気付くほど日頃から如何に愛犬達と接しておられたかが良く判りますが振り返ってみて果たして自分はどうなんだろうか、同じ様に些細な兆候に気付いてやれるだろうか?と考えてしまいます。
リスクを伴う検査は無事終了しましたが結果によっては早急な手術という事になるようです。
点滴を受けながら検査を待っている入院中のお友達わんこ君は私達が訪れると嬉しそうな顔を見せてくれました。
帰ってからお礼の言葉と共にルパンの身体を気遣っていただき最後に「どんな結果が出ても頑張っていきます」と記されたメールを頂きましたがどうかこの笑顔のままでおうちに帰って来れますように、手術の成功をお祈りしています。

帰り際に担当の先生からルパンの血液検査の結果表を頂きましたが極楽とんぼのルパン、骨髄の腫瘍・出血、ウィルス感染、リンパ腫、炎症やストレス、高脂血症に肥満細胞腫等、今のところ何も問題は無いという事でした。
我慢強いだけが取り柄のルパン、ずっと点滴をしていた終了までの6時間一度も文句も言わず、おしっこも我慢していたのですがお利口さんと言うよりも単に今日はお父ちゃんとずっと一緒だからいいなと思っていただけかもしれません。
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 犬ブログ アイリッシュセッターへ にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ 犬の総合情報サイト - Dogissimo ドギーシモ -
お散歩日誌 2009.10.01 いつか必ず訪れる日/10月20日記録 ALBA MY LOVEいつまでもお前が一番やで/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる