ALBA MY LOVEいつまでもお前が一番やで

アクセスカウンタ

zoom RSS 経緯と結果報告

<<   作成日時 : 2008/03/12 14:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

先日のドーベルマン君ですが先程(9時)保健所の担当獣医 泉先生に直接電話をして詳しい経過を教えていただきました。
結果をお知らせするのに日曜日の夕方散歩の帰りにこのドーベルマン君を見かけてからの経緯を記しながらお伝えしたいと思います。
9日夕方散歩から帰った後自分でもお節介だなと思いましたが当の飼い主が放って置いてくれといってもあんなガリガリに痩せて異常に浮き出したあばらに治療されていないと明らかに判る横腹の大きな傷のワンコを見た以上やはり捨てておけないと知り合いのボランティアの方にこんな場合何が出来るか助言を貰おうと写真を添付してメールを入れました。
10日の朝助言をお願いした方から返信を頂き保健所に通報すればたとえ些細なことでも赴いて調査し対処してくれると助言を頂いたので早速写真を添付しておおよその場所を書き込みメールを送りました。
保健所にメールを送ってからどうしようかと迷っていたブログへのUPを保健所へ通報するとどんな些細なことでもまずは権限があるところが動いてくれることが将来こんな事例に遭遇した方に役だてて貰えるかもと記事にしました。
ただし調査に動いて飼い主から話は聞いても権限があるからと言って無理矢理飼い主から直ぐに取り上げたりは当然出来ませんから待遇の改善勧告と助言に終わるようですので相手によっては多くを望めないようです。
10日の夜遅くにボランティアの坊農さんからメールを頂き過去に有った明らかな虐待の事例について権限のある公的機関が動いても当の飼い主によって毒殺されてしまったという悲惨な結果に終わってしまった事もあるとあり、飼い主が要らないから保健所で引き取ってくれと言われるとその引き取られた子は即、殺処分されると聞きました。殺処分をされない為に通報時にもしそのような事になれば自分が引き取って飼うと伝えておけば引き渡してくれるそうですが奈良市の事例では個人に引き渡しても保護団体には一切引き渡さないそうです。
このことを聞いて11日朝に早速もう一度保健所にメールを送りもしも飼い主が要らないと言った時には自宅で飼いますから引き取らせて欲しいとメールを送りました。
実際問題家内の了承どころかまだ事情も何も伝えてもいなかったのですがまずはこの子の命を救う事が一番だと思い自宅での預かりを決断したんですが保護団体の坊農さんより一時預かりさえしてくれれば里親捜しや医療費、餌代等の負担はこちらで見ますからと先のメールで伝えられていたので家内の了承も取らずに保健所に対して自宅での飼育を申し出しました。
昼頃に自宅へ保健所から電話があり何も事情を知らない家内が受けたのですが全く伝えられる内容が呑み込めなくて断片的にしか覚えておらず保健所よりの連絡はいつ頃来るのだろうかと考えていた私は担当獣医さんの早い行動に驚きと添付した写真の効き目があったなと感じましたが断片的に家内から伝えられた内容から思っていた程飼い主も悪い人では無さそうだと受け取りましたが本人が虐待しているという意識がなくても当犬にとってこの状態は十分虐待といえる状況下にあるのではないかと思います。
家に帰ってから電話があった事を聞いたので家内にも詳しい経過と一時預かりの件を話して短期間の預かりと援助が望めるのでもしもの場合の協力を頼み了承を得ました。
mixiでもうるさんから協力の申し出を頂いたのもとても心強く思い本日朝9時になるのを待って保健所に電話を入れて10日私のメールを見て素早い行動を起こしてくれた担当獣医の泉先生から詳しい経過を聞かせていただきました。
それによると飼い主の方は個人で零細な工場をなさっており犬が好きで今までに中型犬など何頭か飼われてきたのちこのドーベルマンを飼われたそうですが小・中型犬と違い格段に食費等もかかりましてこの傷の治療など高額な治療費は生活を圧迫するので医者に診せる事が出来なくて治りかけたら又傷が悪化したりとなかなか治らない状態まで気にはなっていたがやむを得ず放置していたようです。
獣医の泉先生はこの飼い主と20分程話をされたそうですが通報される事態までなった事に対して非常にナーバスになっていたのと点滴や投薬など傷の治療が必要なのも判っているようで11日夕方に飼い主さんはこの子を行きつけの動物医院へ連れて行って診て貰って来たと連絡があったそうです。
今後継続して傷が完治するまで治療を継続して貰えるのか、身体に見合った十分な食餌は与えてくれるのか等気になる事は残っていますが保健所としては飼い主が前向きな行動を示しているのでこれ以上の介入は難しいようです。
電話を終えた後、私の取った行動は飼い主にとっては余計な事、単なる他者のお節介という事でしょうがといってあんな状態のワンコを見、自分の子達を振り返って見ると他所の子にしてもとても放っておけないと思ったのはお節介でも余計な事でもないと思います。
うちの子達もお世辞にも十分満足な事をしてやっているとは思いませんが少なくともひもじい思いや病気などでイヤな思いをさせないように頑張っているつもりです。
余分なお金がないのは何処の家でも少なからず同じ事だと思いますが少なくても少ないなりに我慢する事も必要なのではないか、この方には失礼ながら大型犬、いやどんな犬から見ても到底飼われたくない住・食環境下でもし飼うとしても小さな室内犬にすべきところをおそらく飼ってみたかったという大型犬に対する憧れだけで飼ってしまった結果手に余ってしまったと言う事ではないかと思います。
ここは住居を一部工場として旋盤など機械を置いているので床は厚いコンクリートで覆われています。ここに犬舎を置き一日中、年中繋ぎっぱなしにしていると短毛種のドーベルマンはどうなるでしょうか?ショードッグでなくてもセターなら柔らかい敷物を必ず敷いてやりコートが切れないようにしてやりますし、まして短毛種の肌をむき出しのコンクリート上でそのまま過ごさせると皮膚がどうなるか位は想像すべきではないかと思います。
横腹に受けた傷がいつまで経っても治らないのは当然の事だと思います。もし自分の犬に対して愛情があるのならお金がなくてもしてやれる事、少しでも傷つかないように考えてやれる事は有るはずです。犬にとっての今の住環境がどうなのか単に犬を家に置き、繋いでおくだけならそんな人には犬を飼って欲しくありません。繋がれたままの犬にとって繋がれた場所が全てなんです。繋いだリードが少しぐらい長くても同じ荒れたコンクリートならその犬にとって動かないようにされているのと同じ事です。
うちのケインは首筋の上部に毛が禿げてしまって筋がついています。うちに来てから3ヶ月経ち上から見るとようやくはっきりと判らなくなってきました。保護団体にいた間はフリーで居たはずですからこの筋は元居た家でついたものと思います。どうしてこうなったか先日公開された動画の中に元の家の様子が写っていてフェンスで囲った庭は無くベランダに繋いでいて雨の日は中へ入れていたのでトイレ訓練は出来ているという事から想像して夏冬四季に関係なく晴れの日はベランダに繋がれていたのなら暑い夏照り返す日光から身を隠そうと精一杯リードを伸ばして少しでも身体を影に入れようとしてずっとリードで引っぱられている状態にあったのではとそんな可哀想な状態に常に居たのではと想像しました。散歩時首筋の上部がすり切れるほど引っぱらないと歩かなかったなんて考えられません。自分から引っぱって歩くならのど元の毛がすり切れるかもしれません。
犬を可愛がっていたと聞いていても首筋についた筋になった禿げに気が付かなかったのかどうして付いたのか思いも寄らなかったのかこれ位の感覚が普通なのかもしれないとつくづく思うようになりました。その場所にしか置けない、繋げないとすれば犬の気持ちにたてない人達には犬にとってどういう事なのかは置き場所が全てでもう関係ないのでしょうね。
ブログなどで可愛い自分の子達を公開している私を含めた方達の犬への思い入れが特別なのかもしれません。
こんな目でこのドーベルマン君を見たのですから他人の子も自分の子と同じ様に思い痛みを感じたのかもしれません。
私のした余計な、お節介な通報かもしれませんが取りあえず傷の治療に連れて行って貰った事と獣医さんからこれからのアドバイスもあったようですからこの子を取り巻く環境も少しは改善されるものと期待します。
時折散歩の足を伸ばしてそれとなく前を通り、又遠くから様子を窺ってみたいと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
そうでしたか、、、。
飼い主さんも気にはしておられたんですね。
でもアルバパパさんのおっしゃるとおり、飼ってみたいからだけではだめなんですよね。
私自身、アイリッシュを飼うのが夢でしたが、思い切るまで6年もかかってしまいました。
それでも最初の頃は、ラニの行動に悩んで悩んで胃が痛くなったものです。
それでもかわいくって、気がついたら1年たっていました。

やればできるもんです。
(今でも悩みはつきませんが、、、)
経済的なものは2倍以上、体力はその何倍もかかりますが、ラニを手放すなんて考えられません。
責任をもって飼う、これが出来ているかはわかりませんが、このコたちをずっと愛して、抱きしめていきたいと改めて思いました。

アルバパパさん、お疲れさまでした。
いつもありがとうございます。
ハナママ
2008/03/12 18:19
よその犬に介入するのはとても難しいですね。
正直、そんなことをする方は非常識な人なので、その人に正論で物を言っても、通じない事は想像できます。
保健所の対処もさまざまで、やはり、公の機関は法的にOKがでないと、踏み込めません。
まだまだ問題山積みです。
それでも、飼い主さんが、少しでも考えを改めてくれるといいですが・・。
ほんとご苦労様です〜。。
ニタコ
2008/03/12 21:21
アルバパパさん、お疲れ様でした。
ワタシは、アルバパパさんのした事はお節介でも何でもなく、とても立派な行動だと思います。
ドーベル君の飼い主さんは、そんな状態でも、まだ飼い続けるんですね。
まだまだ心配は、つきませんがアルバパパさんのお陰で、そのドーベル君の生活が少しでも向上する事を願ったやみません。
そして、アイリッシュやビーグルだけでなく、全ての犬に対して優しい気持ちでいてくれた事に感謝します。
キー那智
2008/03/12 23:36
ハナママさん お早うございます
正直うちも3頭も飼える余裕なんてとってもないですが飼った以上自分達の食費や諸々を削ってでも養っていこうと家内共々頑張ってます。ましてこれからは年金生活に入りますからもっと家計的には苦しくなりますがでもそれ以上にワンコ達は私達に金銭に換えられないやすらぎを与えてくれます。頑張ったらなんとかなるものだと思いますが飼いたいから飼っているのと大好きだから一緒に暮らしているのとは違うように思います。
アルバパパ
2008/03/13 08:30
ニタコさん お早うございます
余計なお節介とも勿論考えましたけどこのドーベル君の様子を見たらたとえどんな事を言われてもこのまま放っておけないとの思いの方が強かったです。
ボランティアの坊農さんのアドバイスがなかったら何処へどういう風に持ち込んだらいいのか判らなかったですし保健所もこんなに早く動いてくれるとは思ってもいませんでした。今回の飼い主さん、犬に対して悪意を持って虐待していたのではなかったのですが犬にとっては理由がどうあれ同じ事でやはりドーベルマンを飼うなら飼う環境をちゃんと考えてから飼うべきで出来ないのなら自分には飼えない、飼う資格がないと判断して手を出すべきじゃなかったとこの飼い主に言いたいです。
中途半端な医者通いで終わらないように時々散歩の足を伸ばして様子を見ていくつもりです。
アルバパパ
2008/03/13 08:43
キー那智さん お早うございます
犬好きな人間があの光景を目にすれば誰だって同じ様に行動したと思いますよ。
ドーベルは見た目恐いように見えますが飼い主に従順でとても大人しく可愛いです。去年亡くなったお友達のド−ベルマンのメグちゃんとても良い子でした。メグちゃんと知り合ってからすっかりイメージが変わりました。
この飼い主さん、自分には飼えないと思って手放してくれた方が良かったと思うのですが取りあえず医者にも連れて行ったようなのでこれ以上の介入は保健所でも無理なようです。
この家は若草台終点バス停横の追分け梅林へのハイキングコースを住宅街の外縁を通る道を奈良側に戻っていく途中にある新興住宅地内にあります。
アルバパパ
2008/03/13 08:54
どんな飼い主かなあ?と ずっと考えてしまいましたが
まだ 聞く耳をもっていたみたいで・・・
ほんの少し 安堵してます。
でも もし 病気になったりしたら どうするのかな?
せめて 散歩は たっぷりとしてあげて欲しいです。

パパさんの とった行動に 感謝の気持ちでいっぱいです!

プリエ
2008/03/13 20:30
メグの母です。久し振りに拝見しました。多分私も知ってるドーベルです。私が初めて見たのは一昨年です。遠出の散歩をした時に同じドーベルだったのですごく感激しご主人とも話しをしました。その頃はそんなに痩せていなかったですが、徐々に痩せていき、虫がわいてるのかも知れないからお医者さんに診て貰ったらと話したこともありました。休みの散歩の時はいつもあの子に会いに行きおやつをあげ家から持参したブラシでブラッシングをしてあげました。手入れをしてもらってないつやの無い毛並みにフケもひどくて本当に可哀想でした。気品があり気位の高いドーベルをあんな飼い方をして・・犬は飼い主を選ぶことができません。こんなことを言ったら飼い主さんに本当に申し訳ないですが、ドーベルを飼う資格の無い人です。横腹にケガをしてたのですか?! 私は去年の4月頃までは、あちら方面へ散歩に行っていましたが、メグの肺の手術とかで行かなくなり、メグの手術も済みそろそろ行こうかなと思っているとメグの突然の死で同じドーベルを見る気がしなくて全然行かなくなり・本当に可哀想な子。私もその内あの子に会いに行きます。又ルパン達にも会いたいです。3/26濱口
メグタン
2008/03/26 22:32
3/22(土)M君(そのドーベルの名前の頭文字です)に会いに行って来ました。(M君は家のロットワイラーのウララと同じ4歳です) 多分1年ぶりですが1年前より更にヒドイ痩せ様で一目見て呆然としました。涙が出ました・・・ 飼い主さんから「病院で血液検査をしてもらったがどこも異常が無かった。抗生物質を10日程飲ませたが、ずっと続けるのもよくないと医者も言ったので今は止めてる」とのこと。以前もおっしゃってたけど、寒くなると毎年痩せて、夏になると普段の30キロの体重に戻るというのが毎年続いてるが、今年は今までよりヒドイとご主人もおっしゃってました。読んでもらえないかもしれないけど、「虹の橋」と「犬の十戒」をプリントアウトして持参して行き、ご主人に渡しておきました。続く
メグタン PART2
2008/04/01 22:02
翌日(3/23)メグが使っていた毛布やメグが着ていた服を持って行き着せてあげました。傷口用にガーゼ、くっつく包帯とメグが使っていた腹巻も渡しました。でもご主人曰く、初めてのことをされるのを嫌がるからいつまでちゃんと着てるかどうかわからない。噛んで破いても、メグの服はまだまだ有るから又持って来ます。次の土曜又来ますねと言ってその日は帰りました。その日はもしお留守のことを考えて手紙も持参してました。でもお会いできましたが、その手紙を渡してきました。ご主人の亡くなったお父さんが買った犬だそうですので、形見だから手放す気は無いかも知れませんが、その手紙の中に、私が飼いたいくらい。もし何かあれば下記に連絡をと私の携帯の番号を書いておきました。あんなヒドイ状態は、一種の虐待ですよね! かわいそうなM君・・・ 何とか引き取ることができないでしょうか・・・? アルバパパ何かいい方法は無いでしょうか? これを読んだ方、何かいい方法を教えて下さい!
メグタン PART3
2008/04/01 22:04
メグタンママさん
こんばんは、ずっとブログから離れていてコメント頂いていたのに気付きませんでした。
M君、ご存じだったんですね、この子、出来たらメグタンさんにお願いしようかとずっと考えていたんですがメグちゃんより大きいしまだ一年も経っていないので無理かなと思ってました。散歩の時にもし会えたらお話しだけでもと思っていたんですが頂いたコメントを読んで少し安心しました。明日はどうやら雨のようで行けないかもしれませんが暫く寝坊して散歩の時間が遅くなっていますけど天気がよい日にお会いで出来る時間に高架下へ行ってみます。
アルバパパ
2008/04/09 20:03
今晩は。ずっと土日は、M君にオヤツを持って行っていました。ご主人は居れば少し話もしました。今日(4/11)も用事で有休を取ったので、行って来ましたが、最悪の結果となってしまいました。傷が化膿してるように見えたので、ご主人にそう言うと、化膿なんかしてない。体液ですわ。っておっしゃったので、えーっ?!ジュクジュクしてますよ!って言うと切れられて「もうええ!もうワシは面倒みん! 水もエサもやらん!」と言って水は捨てるし家の中からドッグフードを持ち出しマンホールの蓋を開けてそこに捨ててしまうし、その上小屋まで解体しだしたんですよ!誰かが虐待や言うて保健所に通報して保健所の人が来るし、飼い主が化膿してない言うてるのに化膿してる言うし!と喚くしで 取り合えずM君の為に謝らなきゃと思って謝っても、もう逆上してるから
メグタン PART1
2008/04/11 23:03
「M君は何も悪くないんやからそんなことせんといてあげて下さい。かわいそうに。」って言うと、「医者にでもどこにでも連れてけ。焼こうが煮おうが勝手にせえ。できるんだったら毎日エサやりにきてやったらええわ」と言うんですよ。色々言い合いをして「誰か飼い主を探すから」って言うと、「もういい!こいつはここにおいとく。こいつはここで死ぬんや」だって!?「こいつのせいで嫌な思いさせられて。もうええわ! もう水もエサもやらんから自分で何か取って来い」って。鎖で繋いだままのくせに! 私も「じゃー私連れて帰ります」と言えば良かったのかも知れませんが、ちゃんと話し合いで納得してもらって連れて帰りたいし・・ もう来るな と言われてしまいましたが小屋も無く水も飲めないなんて心配なので、明日早朝にご主人がまだ寝てるかなと思うので、水とドッグフードを持って行こうと思っています。アルバパパどうすればいいんでしょう?最悪の状態でしょう?以前折角お名刺を頂いたのに、どこにしまいこんだかわからなくてお電話したかったのですができないでいます。今度お会いできる時に又お名刺下さい。
メグタン PART2
2008/04/11 23:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 犬ブログ アイリッシュセッターへ にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ 犬の総合情報サイト - Dogissimo ドギーシモ -
経緯と結果報告 ALBA MY LOVEいつまでもお前が一番やで/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる