ALBA MY LOVEいつまでもお前が一番やで

アクセスカウンタ

zoom RSS まもなく一ヶ月

<<   作成日時 : 2017/07/11 15:37  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

早いものでもうまもなく一ヶ月になります。
ドンドンと時間は過ぎ去っていくのに頭の中はあの瞬間のまま、仰け反りながら大きく見開いた眼で、白内障で全く見えないはずの目で最後に何を見ようとしたのか、ルパンの最後の表情が焼き付いて離れません。
床ずれの手当てをしてやり水をシリングで含ませてやってから床についたのが22時半頃、それからT時間も経たない23時過ぎに悲鳴のようなうめき声を聞き飛び起きて飛んでいったらオシッコしていた。
自分で起き上がれなくなってからもオシッコやウンチがしたくなると叫び声を上げて呼んでいたけれど今日は声を出す前に漏らしてしまうようになっていた。
シーツを替えてやろうとしたら今度はウンチ、慌ててからだが汚れないように汚れたシーツから体を抱えてずらし、体を綺麗にしてやりシーツを替えてやると荒かった息が静かになったので床に戻ると又T時間も経たない1時過ぎに悲鳴のようなうめき声、飛んで行くと今度は何事もなく荒い息をしているだけ。
床ずれ部分にかけてあった固く絞ったタオルが汚れていたので新しいタオルを水に濡らし固く絞ってかけ直してやり、膝に顔をも垂れかけさせて水を含ませてやりながら今晩はもうこのまま側に居てやろうと頭を抱きかかえるようにして座り込んだ。
T時間ぐらいした頃に又オシッコとウンチをしたのでシーツを替え、体を綺麗にしてやってから苦しそうに荒い息をするルパンの身体を撫でながらウトウトとしているうちに時間が流れ5時をまわった頃又床ずれの肩口に掛けてあったタオルが汚れてきたので替えてやろうと固く絞ったタオルを用意して傷口を洗おうと霧吹きで水をかけた瞬間、それがきっかけになったのだろうか?大きく見開いた眼で私の方を見据えた後私の腕の中に崩れ落ちていった。もう後は身体を揺さぶり、心臓のあたりをマッサージしても必死でかけ声をかけて呼び戻そうとしても無駄だった。
おそらく2回の苦しそうなうめき声は最後の瞬間まで一緒に居たかった、一緒に居て欲しかったルパンの私を呼ぶ声だっただったのではないだろうか、このまま死んでしまうなんて考えもしなかったけれどなんとなく側に寄り添っていたくて顔近くに座り込みながら最後の朝を迎えた。
ルパン、病気直してやれなくてごめんね、最後まで苦しい思いをさせてしまってごめんね、一生懸命頑張ったけれど悔やんでも悔やみきれない程情けなくて悲しい。
でも穏やかな安らかな寝顔を見ていたら今はもう楽になったんだな、苦しんでなんかいないだなと少し気が休まってきたよ、11年間、一緒で楽しかったし、言葉にならない程の思い出を一杯、有難うね。
リッキーチックさん、チャチャ姫さん有難うございました。お礼遅くなり申し訳ありませんでした。
最後の瞬間のルパンの表情と同じように思えてならない4月終わりのルパンです。
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 犬ブログ アイリッシュセッターへ にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ 犬の総合情報サイト - Dogissimo ドギーシモ -
まもなく一ヶ月 ALBA MY LOVEいつまでもお前が一番やで/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる