ALBA MY LOVEいつまでもお前が一番やで

アクセスカウンタ

zoom RSS アルバ、ゆっくりでいいからね 2011.03.01

<<   作成日時 : 2011/04/06 19:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

朝早いとまたアルバが行かないと言って置いていった時に甲高くて悲しそうな遠吠えを近所中に響き渡らせるのは申し訳ないのでちょっと朝寝坊をして7時を廻ってから取りあえずアルバも一緒に連れて散歩に出たがやっぱり途中で立ち止まったままどっちの方角へも動かなくなってしまった。
それまでにもうおやつと言ってもサイエンスダイエットの小さい歯磨き用のクッキーを6個程やっていたが仕方なくもう一つ奮発して家へと向きを変えさせて戻ると丁度家内が外に出ていたのでアルバを預けてルパンともう一度散歩のやり直しに出かけた。
一昨日、もう駄目と言われたのを驚異的な回復力で家に戻ってからはその前日よりもやはり食欲は落ちたようだ。
癌に対抗する為にも体力は必要だそうだけど昨日先生もそれは仕方ないと言っておられたので余り無理はさせないように家内も加減してやっている。
ルパンは別に何ともないはずなのに一人だけの散歩で充分満足したはずなのに珍しく三分の一程食べ残した。
こんな時にルパンまでおかしくなったらどうしたらよいのか判らなくなってしまう。
ご飯をやってから暫くして雨が降り始めた。
今日は一日停滞だと図書館から借りている「京極夏彦」の読み残しを読み始めたら買い物に出掛けるというのでまたルパン同伴で家内、娘と雨の中を出かけた。
アルバの事も心配だったが居ない間静かに寝ていたようで帰ると大人しくしていたが自分の部屋に籠もり確定申告の電子申告を終え、家内と娘の為にも確定申告用紙を作り上げプリントアウトし終わったところへ家内が慌てて駆け上がってきてアルバの息が激しい!、はぁはぁと大きく口を開けてしんどそうだと言ってきた。
アルバの元へ直ぐに飛んで行き心臓の鼓動を聞いてみるとやはり少し早くなっているようだったのでもしもの事があったらいけない、早めに診て貰っておこうとアルバを抱きかかえて車に乗せ、後部席にルパンを付き添わせて病院へ向かった。
まだ何人か待っていたけれどアルバを抱きかかえたまま入っていくと直ぐに開いている診察室へ通してくれた。
アルバの様子からまだ余裕がありそうなのと次の患者さんにそれ程時間が掛からないという事で少し待っていて欲しいと言われたのでアルバに話しかけたり、さすったり抱きしめたりしながら待っていると先生が診に来てくれた。
循環器系がちょっとおかしくなっているようなので一昨日と同じ注射をした後、歩き方を確かめたいと診察室から待合室へとアルバを下ろして歩く様子を見て貰ったあと大丈夫なようなので家で安静にさせて下さいという事で帰って来ました。
ホッとして私達も晩ご飯を食べ終え、自分の部屋に戻りパソコンに向かっていたら家内が上がってきてまたアルバの息が早くなっているというので下りて見に行くとそれ程でもなく暫く付いてやっていると大人しく横になったのでまた自分の部屋に戻ったが気が付くのが遅れて手遅れになったらいけないが家族みんなちょっと神経過敏になっているようだ。
また明日はアルバを病院へ連れて行く予定なのだが朝の方が良いのか夕方の方が良いのか迷ってしまう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 犬ブログ アイリッシュセッターへ にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ 犬の総合情報サイト - Dogissimo ドギーシモ -
アルバ、ゆっくりでいいからね 2011.03.01 ALBA MY LOVEいつまでもお前が一番やで/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる