ALBA MY LOVEいつまでもお前が一番やで

アクセスカウンタ

zoom RSS お散歩日誌 2009.03.13 滋賀の実家も春でした

<<   作成日時 : 2009/03/18 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

もっと早く出掛けるつもりが娘の寝坊で少し遅くなってしまいましたが滋賀の実家は奈良以上にポカポカ陽気でした。
ロングリードに繋ぎ直してやると直ぐに隣の空き地に入ったルパン、狭い車から解放されたせいか気持ちよさそうに全身を伸ばして天を仰いでいました。
後ろ足を気持ちよさそうに一杯伸ばすまでを連続で。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
暖かい草地はタンポポに混じって土筆(つくし)が一杯。
画像
画像
画像
画像
ルパン、一体何を見ているんでしょうか?こちら側から見るとまだ使えそうに見えていますが反対側に廻ると半分潰れかけている作業小屋で勿論人も動物もいません。
なのに何故かルパンはこの原っぱに入るといつもこうやって小屋をじっと見つめています。
画像

今日出掛けて来た用事は不要品で燃やせる物を全て燃やしてしまう事、義父が亡くなる寸前まで使っていた布団類も全部燃やしてしまいました。
燃やし始めると段々風が強くなってきたので離れる事が出来なくなり燃やし終えるともう3時を廻っていました。
それまでは私の行く先々について回ったり、相手をしてくれないと判ると暖かい日差しが当たる場所や今度は冷たくて気持ちがいい場所に寝てみたりとそれでも視線は私の方を見ている様でした。
燃やし終わってやっとじっくり相手をしてやれる様になったのでルパンを散歩に連れ出してやりました。
と言っても農道を伝って近辺をぐるっと一回りしただけでしたがそれまで我慢していたのかきっちり出す物は2回もたっぷりと始末させてくれました。
散歩中にルパンが立ち寄った日の当たる草地にはツクシンボがニョキニョキと一杯立っていました。
画像
画像

帰ってから後片付けの続きを終えてしまい何もする事が無くなってからルパンを連れてもう一度隣の空き地に入りルパンと同じように潰れかけた小屋を眺めた後、又違う遠くを見つめるルパンに暫く肩を寄せ合って座り付き合って眺めていました。いつもならアルバと違いじっと抱き寄せられている事なんてまっぴらだと直ぐに離れていくルパンですが今日は珍しくじっと横にくっついて眺めていました。
実家の庭に遅咲きなのか紅梅がやっと蕾から何輪か花を開き始めていましたが満開になった頃に来れるかどうか判りません。
「東風(こち)吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」滋賀の実家には私達が訪れる以外誰も来る事がありませんがこの句の通り花は春を忘れないで誰もいない庭で見事な花を咲かせているのですね。
画像
画像
この家の主になるかもしれない奴が入り口にでんと座ってます。
横に見える岩は亡くなった義父が8万円も掛けて10トン車レッカーを雇い向きが逆だと置き直しした4トン以上もある岩です。
画像
画像
画像
もう帰るという頃に家の前を通ったゴールデンの桜ちゃん、ヒートに入ったところだった様で後ろに回ったり遊べとポーズを取ったり、挙げ句の果てに太い前足で桜ちゃんの頭にルーちゃんパンチを一発お見舞いしてしまいました。
画像
最後に帰り道で見た沈んでいく夕日、でかい夕日が見ている間に稜線に沈んでいきました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
つくしんぼが・・
パパさんの 日々の 写真から 春を 感じる私。
もう つくしが 出てるんですねぇ。
この数年 ほとんど 自然の中を 歩いてないのに 気が付きました。
やはり わんこちゃんがいないとだめですね。
プリエ
2009/03/19 20:57
プリエさん こんばんは
以前はよく春になったら土筆やゼンマイを取りに郊外へ出たものですが娘も大きくなり、摘んで帰っても食べなくなったので山菜採りにも出掛けなくなりましたね。
実家周辺の田んぼの畦や休耕田には土筆が一杯生えてましたが誰も取ろうとはしないようです。
アルバパパ
2009/03/19 21:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 犬ブログ アイリッシュセッターへ にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ 犬の総合情報サイト - Dogissimo ドギーシモ -
お散歩日誌 2009.03.13 滋賀の実家も春でした ALBA MY LOVEいつまでもお前が一番やで/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる