ALBA MY LOVEいつまでもお前が一番やで

アクセスカウンタ

zoom RSS お散歩日誌 2008.10.10 後悔

<<   作成日時 : 2008/10/11 07:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2〜3時間程ゆっくり時間をかけてワンコ達と歩こう、秋らしい景色が見られたらいいなと思ったり、ブログ用に何か使えるようなアルパン達の写真が撮れたらと思った時には一眼デジほどでもなくても結構重く感じるカメラをまだ暗いうちはザックに入れて背中に背負い、薄明るくなり始めた頃首にぶら下げて歩き始めるのですが別段遠くに行く気もなく何時もの散歩コースを歩くだけのつもりの時は重たいなという方が先に立ちまだ真っ暗だからと置いてきた時に限って後悔する事になるようです。
「邂逅」、人との出会いではなく季節の移り変わりを感じさせてくれる「自然との一瞬の出会い」、ワンコ達以外で今心を動かされる事の一つ、「自然との一期一会」とでも言えばいいのでしょうかこの「瞬間」は今しか切り取る事が出来ないのに切り取る手段を持たない、持って歩かなかった後悔、日頃何回も経験して「この瞬間は二度と無い」と悔やむくせにまた重たさに負け、暗いうちに帰ってくるからと今朝も大きな後悔をして帰って来ました。
これはと思った瞬間にちゃんとカメラを持っていても人様に見せられるような写真は撮れませんが貧しい感性に自然が偶然見せてくれるこの瞬間だけの一部を切り取って残したい、中途半端な性能しかないカメラで心に描いた絵が思うように表現出来なくてもこの瞬間に立ち会ったものとして残しておきたいなと思うので重いカメラを必ずぶら下げて歩く様にします。
今朝刈り取りを待つ稲穂に朝露が降り、東の稜線から昇り始めた太陽の光で朝露がきらきらと黄金色に輝く稲穂の海が綺麗でお日様が昇り切る前の優しい光に包まれた一瞬を残しておきたいと思いましたが明日ではもう輝く稲は刈り取られてないかもしれないし、今日後半から天気も下り坂だと言われているので同じ光景とは今年はもう出会えないでしょう。
今朝も高架下ドッグランではアルバ一人元気で昨日と同じ様にはじけて走り回っていました。
ルパンが相手をしないと私に怒ってきますがルパンに直接言えと言うとそのままルパンの元に走って飛びついていきますが一瞬ルパンも避けながら噛みつく仕草をしますがそこまで、追いかけてまで相手になろうとはしません。
子供の森の広場でなら逆にルパンが走り回りアルバに遊ぼうと突っかかりますがアルバの方が今日のルパンと同じ態度で相手になりません。
場所によって性格が変わる訳もないのに一体どうしてなんでしょうか?
今朝ももっと短い散歩にするつもりだったのに結局2時間ほどの散歩になりました。
帰りを待っているケインとの散歩も含めて2時間半程、明日は出勤なのでもう少し短めにしないと駄目ですが休みの日はやっぱりゆっくりとさせてやりたいなと思いますからどうしても長くなってしまいます。
家に帰ってから門の前に猫が堂々と座っているのに気付き、近づくと猫は逃げ出して少し離れたところでルパンと睨み合いになっていました。
睨み合っているルパンの後ろ姿です。
画像
ブロック塀の上にある門灯はルパンのパンチと押さえ込みでグラグラになっていますし、新聞受けは割られて何回も補修を繰り返した後強烈な前足の蹴りを受けたのか割られたので裏からアクリル板で補修し金具も新しく丈夫なのに付け替えてありますがこれでもまた補修が必要になりそうな気がします。
わが家一番の乱暴者、ルパンです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 犬ブログ アイリッシュセッターへ にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ 犬の総合情報サイト - Dogissimo ドギーシモ -
お散歩日誌 2008.10.10 後悔 ALBA MY LOVEいつまでもお前が一番やで/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる