ALBA MY LOVEいつまでもお前が一番やで

アクセスカウンタ

zoom RSS お散歩日誌 2008.09.24 低山ハイクに

<<   作成日時 : 2008/09/24 15:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

夜中に一度目を覚ますと季節風でも吹き始めたのかと思う程強い風の音が聞こえていました。
いつもより少し遅い4時20分頃に起きだして水と菓子パンを一つ、それにカメラをザックに詰めて真っ暗なうえに曇っているせいか星も見えない道を歩き始めました。
今朝はどこへ行くという当てもなくて住宅地の中を廻るだけでも良いなと思っていましたがもしもと云う事もあるので小さな菓子パンと水だけは入れてあったのですが正解でした。
ずっと住宅地を一回りしてから高架下のドッグランへ向かい一人興奮して走り回るアルバにお付き合い程度の相手をして後はウロウロと歩き回るだけのルパンでした。
10分程広場にいただけでもう出ようというので次に向かいましたが二人が引っ張って行った先は2週間程前に歩いた旧村落の方でした。
ところが旧村落への分かれ道まで来るとそっちへは行かないと新興住宅地を抜けて富雄川の川筋へ出る方へと引っ張って行かれました。
ここまで来た時にはもう2時間近くも歩いており時刻も7時近くになっていました。
家へ帰る方向を眺めると散歩タイムの真っ最中なのでワンコ連れがやってくる姿が見えたのでどうしようかなと考えているとここから先は知らないはずのアルバが先頭になって引っ張り反対側、家からずっと離れて行く方へ歩き出しました。
夏前に一度ルパンと二人で「子供の森」から尾根道のハイキングコースを辿って下りてきた事がありますがその時にいなかったアルバが道を知っているような歩き方でどんどんと先へ行くので「まあいいか」とアルバが行くままに付いて行きました。
住宅地の横を通り抜けこの前の時も酷い藪こぎだった山道に入り今回はそれ以上に藪も伸びた道を先頭に立ったルパンに道を外れないように指示しながら蜘蛛の巣を除けながらメインコースまで800m程のけもの道を通り抜けてきました。
藪こぎの道へ入るところとバックに広がる奈良市街の景色です。時刻は7時20分でした。
画像
画像

涼しい風が吹いていたので汗をかく事もなくメインコースの合流地点までやってこれました。
ここは「矢田丘陵遊歩道」、「子供の森」の廻りを巡る道も含めて南は「法隆寺」、北は「東生駒」までの矢田丘陵一帯を巡るハイキングコースになっています。
画像
画像
登ってきた「帝塚山住宅地」からの道と本道との合流地点です。
平日なので誰も歩いていないだろうと思っていましたら先を歩く人影を見かけ、よく見ると同年代かもう少し上のリタイア組の方のようでした。
楽な樹間の尾根筋を歩くコースなので年配の方をよく見かけますが自分自身ももうその一人になりました。
歩きながら撮った道の様子です。
画像
画像
画像
コース表示もしっかりと管理されています。
道を歩いていてこんなものを見かけましたがなんでしょうか?
画像
画像
近づけなかったのでよく判りませんでしたが虫(カブトムシなど)などを採取する為でしょうか。
30分程歩いた処で突然ルパンが道端に座り込んでしまいましたがアルバは逆に早く行こうと引っ張ってました。
画像

画像
この後も何回かルパンは一人座り込んでしまってました。
画像
画像
後もう少しで国道に出るという地点まで来ると開けた視界に今働いている仕事場が見えてきました。
画像
国道迄は竹林が続きます。手入れがしっかりとされていて気持ちが良い竹林です。
画像
画像
明るく輝く出口が見えてきました。この国道は仕事場への通勤路でもあります。
画像
画像
ハイキングコースの出口から一車線しかない国道を渡ると「弘法大師」を祀った「太子堂」があります。ハイキングコース途中のトイレを提供されているのですがワンコ連れで入ると申し訳ないと思い「案内板」の柱にアルパン達を繋いでお堂の様子を見に行くと丁度中から年配の女性が出てこられたので挨拶をし、駐めてあった車に「GR」のステッカーが貼って有るので飼っておられるのですか?と聞くと昨年亡くなったとおっしゃられ、ワンコ連れだというと一緒に入ってとアルパン達を繋いである処まで行ってやっぱり大きいのは良いとアルパン達を抱きしめてました。
境内に戻って話をしている間もアルパ達を代わる代わる抱き寄せて可愛がってくれました。やっぱり犬好きはよく判るんですね、アルパン達も喜んで撫でられて、アルバは特に身体を擦り寄せて甘えてました。
画像
「又来てね」「はい、必ず」と言って別れてから峠(榁の木峠)を下り「子供の森」へ向かいました。
8時20分頃だったと思いますが駐車場に2台、管理棟の近くに1台駐まっていたので何組か来ているなと思ったのですが広場には一組、それも以前から何回か会って見知っているジャーマンシェパードを大会に出す為に誰も居ない時間帯にここで訓練されている方でした。
邪魔になってはいけないと思ったのと結構疲れていて広場でアルパン達と走り回る気力もなかったので木陰のベンチに座り持ってきた菓子パンをほおばりながら訓練の様子を眺めていました。
食べ終わった後早々に帰り道に向かい、トイレに寄った後山道を下って家路に就きました。
画像
画像
広場への入り口にある池のまわりに咲いている彼岸花とトイレから出てくるのを待っているアルパン達です。
歩き始めてからもう4時間を過ぎてタフなアルパン達も休憩が多くなり、道の真ん中に横たわったり、駐めてある車の下に出来た影に潜り込んだりと休憩を取りながらやっと家まで戻ってきました。
家に辿り着いたのは10時少し前、5時間と少しの散歩、気まぐれの低山ハイキングとなってしまいました。
画像
画像
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アルバパパさんあいかわらずのお散歩お疲れ様です 時間にしても距離にしてもほんとすごいですねぇ
リ−ママも2頭匹するようになりましたが
結構ジュリも男の子だからか
それとも若さなのか引っ張ります
歩くのもあっちにフラフラ こっちにフラフラ
とっても歩きにくいです
まだまだこれから
リ−との散歩にも慣れさせなきゃいけないし
引っ張るのを押さえて歩くことを覚えさせないといけないし 課題は多いです
アルバパパさんのブログを拝見させて頂くと
リ−ママも頑張らなきゃと改めて思います
リ−ママ
2008/09/25 08:52
リーママさん
コメント返し遅くなってしまい申し訳ないです。
うちの連中も一頭ずつならお行儀良く脚側に近い状態で歩くんですが2頭になると”自分が行きたい方へ”とお互い引っ張り合い、どちらも譲らないので大変です。ジュリ君が大きくなって力も強くなるともっと大変ですよ。訓練士さんに2頭での歩行訓練を仕込んで貰わないと素人では押さえて歩かせるのはちょっと難しいかもしれません。
とにかく転ばされないように、どんな時にもリードを手から離さないように心がけていつも歩いていますから怪我が絶えません。
余り無理しないで頑張って下さい。
アルバパパ
2008/09/29 17:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 犬ブログ アイリッシュセッターへ にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ 犬の総合情報サイト - Dogissimo ドギーシモ -
お散歩日誌 2008.09.24 低山ハイクに ALBA MY LOVEいつまでもお前が一番やで/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる