ALBA MY LOVEいつまでもお前が一番やで

アクセスカウンタ

zoom RSS お散歩日誌 2007/12/15 

<<   作成日時 : 2007/12/15 19:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

曇り空がずっと続いていた朝の散歩、今朝は久し振りに綺麗な朝焼けが見えました。
東の山並みが鮮やかなオレンジ色に染まり、日が昇り初めると段々薄い青に変わっていきます。
朝焼けを見ているという事はいつもよりかなり遅い時間の散歩だという事ですが昨日に続きワンコ達が何も言わないのに甘えて5時半まで寝てしまいました。
6時前でもまだ暗いのでデジカメはぶら下げて来ていないので久し振りの朝焼けも写真に残す事は出来ませんでした。
この頃になるとワンコの散歩も増えだしてきますが途中ルパンのを座って始末しているとチラッとまだ若い男の人がこれも若い黒ラブちゃんを連れて通りがかって来たのが見えました。
やばいと思って片付けをそのままにして起ち上がりアルパン達のリードをしっかり持ち直したのでどうにかトラブルにならずに済んだのですがこういう場合普通はどうするのでしょうか?
私が逆の場合だったらまず進行方向が変えられない時はその場でじっと片付け終わるまで待って先方が歩き出して少し間が空いたら歩き出すようにしています。
進行方向を変えられるのなら直ぐに違う方向へ歩いて離れて行きますがこのいずれかが普通ではないでしょうか。
ところが私が起ち上がってリードを持ち直したというのはこのお兄さん、一切構わずにすたすたと歩いてこられたのに気が付いたからです。
何もないにせよ、屈んだままの姿勢ではリードを持つ手も弛んでいますしちょっとした事で転ばされてしまいリードを離してしまうかもしれません。
どんな犬が近づいてきても大人しくしているように躾をしないといけないとは思いますがそれ以前に他人を思いやる心を持って立ち止まって処理が終わるまで待ってあげるなり、邪魔をしないように道を変えてやるとかが出来ないものでしょうか。
自分がそういう逆の状況に置かれたら一体どう思ってこの人は相手を見るのでしょうか。
譲り合い、思いやりと言う言葉年を経た者だけが使う言葉では無いと思うのですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 犬ブログ アイリッシュセッターへ にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ 犬の総合情報サイト - Dogissimo ドギーシモ -
お散歩日誌 2007/12/15  ALBA MY LOVEいつまでもお前が一番やで/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる